« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月の記事

2006年11月29日 (水)

ダイヤモンドシティ。

今日、母がどうしても行きたいと言っていた

東村山のダイヤモンドシティ・ミューに行って来ました。

前に住んでいたのが愛知県一宮市だったので近くの

木曽川のダイヤモンドシティ・キリオにはよく行きましたが

まさか、関東にできるなんて。。。

確かに関東としては、一番大きいショッピングセンターでは

ないでしょうか。まぁ日産の工場跡地ですからね。土地は大きい。

 1000_1 1001_1                   

専門店数 180店 駐車台数: 約4,000台  駐輪台数: 約2,000台

は大きいと思います。

何か買ったか?といわれると・・・ダーリンのために

ロールケーキと、柔軟剤がきれていたので、レノアを^^;

何しに行ったんだか。

まぁ、久しぶりのお買い物だったので、目の保養には

なりました。でも、もうとうぶん行きません。はい。

だって、疲れるもんm(_ _"m)

        

| | コメント (21) | トラックバック (1)

2006年11月23日 (木)

頂き物m(_ _m)

ネットの力って、本当すごいですね。

NobさんつながりのJ様に本日お野菜を

頂きました。大変、感謝しております。

Photo

土のついたお野菜、嬉しいです^^

うちは家族が多いので大変助かります。

重いのに、電車で持ってきていただいて

しかも、自転車で来てくださいなんてお心遣いまで

本当、すみません。

母も大喜びです。

さっそく、何を作ろうか会議です。

この感謝の気持ちをどう表現したらよいか。。。

ただただ、感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございました(ฺ´∀`ฺ)ノ

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2006年11月20日 (月)

『時生』東野圭吾

スタンドで洗車を頼んだら、混んでいて1時間かかる

というので、向かいにあるTSUTAYAで本を買った。

181 『時生』東野圭吾。

不治の病を患う息子に最期のときが訪れつつあるとき、

宮本拓実は妻に、二十年以上前に出会った少年との

想い出を語りはじめる。

どうしようもない若者だった拓実は、「トキオ」と名乗る少年と共に、

謎を残して消えた恋人・千鶴の行方を追った。

過去、現在、未来が交錯する作品。

171 2004年頃?ドラマになっていたのを

全く、知りませんでした。

実はこういう話、あまり現実的では

ないので私の好みではなかったのですが、

読みやすかったです。

最初はちょっと内容が薄いかも?なんて思ったのですが、

最後は悲しいような、でも心が温まるような本でした。

う~ん、今度は何を読もうかなぁ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年11月13日 (月)

オフ会が反省会に・・・

先日行われました、オフ会。

Nobさんの所でアップしてくれていますので、

私の方で書くことはございませんm(_ _"m)

せとくぼさん、マーティンさん、KidAさん、Junkさんは

初対面だったのに、こんな私にお付き合い頂き、

ありがとうございましたm(_ _"m)ペコリ

9月末にウニを食べて救急車に乗り、その夜

沖縄料理でワッショイしたことを書きましたが・・・

実は今回のオフ会の2時間前にも、ジムで、

気を失い倒れた私です(笑)

今日は飲むので汗をかいてから♪とジムで

ゲルマニウム温浴を20分、体験。

そして部屋から出てきたときに貧血かなと思い、

椅子に座って・・・・

「大丈夫ですか? 更衣室に男性スタッフ入ります!!!」

と、どこからか緊迫した大きい声が?!

「ん?!」 私????? マジ?!

気づいた時には、人だかり。どうやら貧血で椅子から

気を失って倒れてらしい。。。もういや。

体調が悪いわけでもなかったのに、何で倒れたのか、

と考えながら家へ向かえ途中、「ぐぅ~っ」とお腹がなった。

「はっ!!!空腹だったからだ・・・m(_ _"m)」 情けない。

家に帰り、急いでおにぎりを食べながら、オフ会への用意。

そして皆さんと合流し、今日はあまり飲まない宣言を

して1時間、悪魔の水に手をだし、悪魔に変身(>▽<;

笑えません。昨日・今日と一人反省会です。

ご迷惑をお掛けした皆さん、特にKidAさん、

これに懲りず、お付き合いいただければと思います。

| | コメント (26) | トラックバック (0)

2006年11月 7日 (火)

カウントだけが・・・

最近、風邪とネタがないのとで、サボっていました。

サボってたら、スパムがえらいことになってましたm(_ _"m)

で、カウントだけが増えて、もうすぐ11111に到達しそうです。

『天使の卵』 村上由佳さんの作品を読みました。

本当は題名を見て、メルヘンチック?!と思って、避けていたんですが

読みたい本がなかったので、読んでみるか・・・とこの本を購入。

888_1 CMで映画の宣伝は少し見ていましたので

『僕ははちゃんと愛せていましたか?』という

ちょっと『ひと恋』のようなフレーズと

『幸福な季節はあまりにも美しく短すぎたー。』

というフレーズに、また最後は悲しいのね。と

思いましたが、純粋な恋愛にキュンときました。

と言っても、やっぱり最後は悲しいのですが。。。

映画のキャストは、原作にぴったりだと思いましたね。

凛としていて、でも線が細く守ってあげたくなるような小西真奈美と、

純粋で真っ直ぐな感じの市川隼人。

題名のイメージで判断してはいけませんね。

けっこう、心に残る恋愛ものでした。

皆さんも時間があったら、読んでみてください^^

| | トラックバック (1)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »