« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月の記事

2007年12月31日 (月)

ありがとうございました。

今年一年、ブログにお付き合いいただきまして

誠にありがとうございました。

のあさんストーリーも、ご協力頂いた皆様のお陰で

自分的には満足のいったものができたと

思います(>▽<)

今年はオフ会で新しい出会いがありました。

それも嬉しかった出来事ですが、

オフ会で何回か会っている方々とも

また楽しい時間を一緒に過ごすことができ、

とても嬉しかったです。

皆さん、本当に今年一年ありがとうございました。

また来年もよろしくお願い致します。

寒いので体に気をつけてくださいましm(_ _"m)

| | コメント (22) | トラックバック (0)

2007年12月23日 (日)

クリスマス直前♪

クリスマス直前なので、のあさんストーリーを

ご紹介したいと思います。

ストーリーは、もちろんのあさん。

曲は、はーちゃんに作っていただきました。

そして、Nobさんに動画のflv変換をお願いし、

やっと完成しました。

ダーリンが入院というハプニングもありましたが、

間に合ってよかったです。

昨夜、午前3時過ぎまで頑張ってしまいました。

ご心配をおかけいたしましたが、ダーリンは無事退院し

仕事復帰しております!!

絶好調ではないものの、無事年を越せそうです。

ではでは、お楽しみくださいませ。

せっかくなのでmixiの方でも

勝手にアップさせていただきましたm(_ _"m)

『ねぇ?』

貴方に出会わなければ、何の変哲もない日が

続いていたかも知れない。

入社式が終わり、初出社の日。

配属された部署での新入社員の挨拶で、

私の隣に立っていたのが貴方だった。

貴方の仕事に一生懸命取り組む姿に、

負けじと頑張ろうとする私がそこにいた。

ウィンドウショッピングで街を歩いている時、

偶然に貴方を見た。

休日の貴方は、いつものスーツ姿と違って

ラフな格好で、ちょうど地下鉄の出入口から

上がってきたところだった。

小脇にカートと荷物を抱え、隣にはお年寄り。

えっ、貴方のおばあさん?かとも思ったが、

単に通りすがりのおばあさんの荷物を持って

階段を上がってきたようだ。

会社でその事を話した時の貴方の

照れくさそうな笑顔が印象的だった。

企画の〆切が近づき残業しなければいけなくなった。

一人会社に残りパソコンに向かう。

ちょっと行き詰まってイライラしていた時、

隣からコツンという音と「お疲れさま」の声。

見るとマグカップ越しに右手を挙げて去っていく

貴方の後ろ姿。

貴方が入れてくれたホットミルクの蜂蜜の

香りと甘さが疲れた私を癒してくれた。

貴方の提出した企画がプレゼンに選ばれた。

自分の机に戻るなりガッツポーズをして

嬉しそうに笑う貴方を見て私も嬉しくなった。

誰にでも優しい貴方。

他の子に優しい貴方を見ると切なくなる。

私だけを見てよって言いたくなる。

貴方はズルイ人だ。

いつの間にか私の心の中に住みつくなんて。

そしてこんなにも好きにさせるなんて...。

テーブルの上に置いてある緑のリボンに赤い箱。

貴方の為にいろいろ悩みながら

用意したクリスマスプレゼント。

それを見ながら、そっと呟く。

「ねぇ?貴方は今年のクリスマスイブは誰と過ごすの?」

| | コメント (23) | トラックバック (0)

2007年12月16日 (日)

寒くなりましたね

のあさんのストーリーですm(_ _"m)

豚ちゃんはダーリンが肺炎で入院していたため、ちょいとブログから離れています。すみません。

『いつもの』


「どうして?」って聞くと、君は首を傾げる。


「なんでだろう?」


「どうして?」って聞かれると、やっぱり僕も首を傾げる。


「なんでだろう?」



最初の頃、よく人に聞かれた事。


“好きになった理由”


お互い理由が思いつかない。


と、言うか理由なんてないのだろう。


理由なんてものは、人に後から説明する為に


無理矢理考えるものじゃないのかな。


だから人を好きになる事は自然な事だと思っている。


いつかテレビで“貴方の宝物は?”なんてやっていた時、


君は黙って掌を上にむけて僕に向けた。


甘え下手の君の精一杯の愛情表現に、僕は嬉しくなった。


その時、僕は他の物に指さして君に怒られた。


けれど、僕の照れ隠しだと君は気づいているはず。


だって目が笑ってたもん。



よく晴れた週末の朝。君はいつもの笑顔で僕の横にいる。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »