« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月の記事

2008年1月23日 (水)

ホワイトな日。

東京は少し雪が積もってまいりました。

東京は雪が降ると車のスピードが全体的に20キロは落ちるため

渋滞するし、すぐ電車は止まるし最悪です。はい。

今朝7時前、ダーリンを会社に送るとき大渋滞にはまりやした。。。

雪が降ることを予想してか、皆さん出発を早めたんでしょうね。

雪が降ってくると、積もってないのにトロトロ・・・

早く走れ~!!! キィ~(ノ`^´)ノ ~┻┻ ⊂

6時間ほど降り続いた雪も、今やっと雨に変わりました。

今朝、通園中の親子を見かけたのですが、その会話が・・・

母「○○くん、ほらっ雪だよ~、帰ったら雪だるま作ろうか???」

子「ママ、ボク早くおうちに帰って温まりたいよぉ(泣)」

悲しいかな、こんな事を言う子どもがいるのですね。

私が子どもの頃は雪が降るとテンション上がりましたけどね。

大したネタでなくて、すみません^^;

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2008年1月17日 (木)

東野圭吾久々っ

31914786_3

「夜明けの街で」
15年前の殺人事件。
まもなく時効を迎える。
僕はその容疑者と不倫の恋に堕ちた――。
渡部の働く会社に、派遣社員の仲西秋葉がやって来たのは、去年のお盆休み明けだった。その後、僕らの距離は急速に縮まり、ついに越えてはならない境界線を越えてしまう。しかし、秋葉の家庭は複雑な事情を抱えていた。両親は離婚し、母親は自殺。彼女の横浜の実家では、15年前、父の愛人が殺されるという事件まで起こっていた。殺人現場に倒れていた秋葉は真犯人の容疑をかけられながらも、沈黙を貫いてきた。犯罪者かもしれない女性と不倫の恋に堕ちた渡部の心境は揺れ動く。果たして秋葉は罪を犯したのか。まもなく、事件は時効を迎えようとしていた…。
緊迫のカウントダウン。衝撃のラストシーン。
著者渾身の最新長編小説

今までの東野圭吾さんの作品とは違った感じでした。

殺されるとかいうドキドキと違い、不倫がバレやしないかの

ドキドキの方が強く、ある意味怖いです( ̄ー ̄)ニヤリッ

なぜ男性は謎めいた女性に惹かれるのでしょうね。





31983104_3 「ダイイング・アイ」

バーテンダーの雨村慎介は、店内で起きた撲殺未遂事件により

一部の記憶を失っていた。失われた記憶を探るうち、

自分がかつて交通事故で女性を轢き殺していたことを知る。

なぜ、そんな重要なことを忘れてしまったのだろう。

事故の状況を調べる慎介だが、以前の自分が何を考えて

行動していたのか、思い出せない。しかも、関係者が徐々に

怪しい動きを見せ始める・・・。

過去を探りはじめた慎介の周囲に、謎めいた美女が現れる

女の正体は?自分が起こしたという事故の真相は…?

交通事故って言うのがリアリティがあって、実に怖いです。

轢き殺された、いや潰された?女性の死んでいく様が

リアルに描かれていて、想像するたびに鳥肌ものです。

慎介を健気に支えていたはずの彼女の行方・・・

今回も謎めいた妖艶な女性が出現。。。

女性って、怖いですね(_ー_)逆ニヤリ

二つの作品を紹介しましたが、機会があったら

読んでみてください。私としてはダイイング・アイが

お勧めですかね。。。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2008年1月10日 (木)

アバウト豚ちゃん料理。

皆様、遅ればせながら

*・゜゚・*:.。..。.:**・゜゚・*:.。..。.:*・・

新年あけまして

おめでとうございます。

本年も何卒よろしくお願い致します

*・゜゚・*:.。..。.:**・゜゚・*:.。..。.:*・・

何となく、飲みたくなったのでクラムチャウダーを

作ってみました。けっこう、おいしかったです^^

まずは、玉葱とセロリ1cm角に切ったものを

バターで炒め、小麦粉をプラスしまた炒め・・・

M_2















アサリの煮汁と水、人参、じゃがいも1cm角に切った

ものとコンソメの素を加え、沸騰したら弱火でコトコト。

10分くらい煮込んだら、牛乳とアサリを入れ、塩で味を

整え、完成♪

B_2














寒い日は、クラムチャウダーとトーストで

ぜひ朝食を( ̄ー ̄)ニヤリッ

分量はアバウトなので言えません・・・

| | コメント (20) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »