« 残暑お見舞い申し上げます | トップページ | 台風被害は大丈夫? »

2011年8月24日 (水)

夏休みの宿題は済んだかな?

『彼女の誕生日』
 volume 9 偶然

 

「・・・浅野?」

「・・・こんにちは。」

雰囲気が違っていて、一瞬わからなかった。

いつもはロングのストレートの髪を

編み込んでいたし

見慣れた制服と違い、水色のワンピースが

似合っていた。

「・・・何でここにいるの?」

「あ~、ここへ来る途中で偶然会っちゃって。同じ目的だし、お昼ご馳走してあげるからウチにおいでって誘ったの。

で、ちょっと喋っていたら遅れちゃった(笑)」

「ちょっとじゃないんだけど・・・」

「ごめん、ごめん。」

「ところでみんな知り合いなの?」

「うん。手芸クラブの後輩だもの。」

「ふ〜ん。そう言えば美由紀姉、昔からそういうの得意だったしな。」

「まぁね。で、この子が遠藤京子。」

美由紀姉がもう一人の子を紹介した。

「7組で恵子の友達の遠藤京子です。クラス離れているから、長野君は私の事知らないよね。」

「うん、ごめん。」

「でも、私はよく知ってるよ。」

と言って、チラッと浅野を見た。

 

「さぁ、行こうか。おなかもすいたし。」

美由紀姉に促されて皆歩き出す。

「あっ、そうそう手芸クラブと言えば、美由紀姉に去年もらったマスコット。」

「あ~、テニスラケット型のね。」

「そうそう。今もちゃんとラケットケースに付けてあるよ。」

「大事にしてくれてるんだ。」

「うん、まあね。」

「よかったね。」

「よかった、ね?」

「んっ?よかったなと言ったんだよ。」

 

そうこうしている内に家に着く。

「いらっしゃい。」

引戸を開けたガラッという音に気づいた

伯母さんが玄関に出て来た。

「カズ、久しぶりだねぇ。しばらく会わないうちにいい男になって。モテるでしょ?」

「何言ってんの、伯母さん。この身長じゃモテるわけないって。」

実際、僕は165センチでクラスの男子では一番低い。

《そんなことないよ、ねぇ~》 《はい》

「へっ?美由紀姉、何か言った?」

「モテる、モテないの前に鈍感を直さないとねぇ。」

「誰が鈍感なんだよ?」

「君!」

「人を指差すんじゃない!」

「人差し指って言うんだからいいじゃない!」

「ほらほら、玄関で喋ってないで上がりなさい。」

 

 

続く...

|

« 残暑お見舞い申し上げます | トップページ | 台風被害は大丈夫? »

コメント

段々とわたしの好きそうな展開に向かっているようですね・・・。happy02

おそらく、あの娘と付き合うのではないでしょうか・・・。lovely

投稿: 昔のはーちゃん | 2011年8月26日 (金) 11時55分

昔のはーちゃん

>おそらく、あの娘と付き合うのではないでしょうか・・・。
さ〜て、誰でしょう? ( ̄ー ̄)

投稿: のあ | 2011年9月 4日 (日) 23時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/121724/41343953

この記事へのトラックバック一覧です: 夏休みの宿題は済んだかな?:

« 残暑お見舞い申し上げます | トップページ | 台風被害は大丈夫? »