« 台風被害は大丈夫? | トップページ | 朝晩冷えるね〜 »

2011年9月16日 (金)

絹の贅沢

『彼女の誕生日』
 volume 11 涙の意味

 

周りを見回してみたが、どこにもいない。

「浅野、美由紀姉達は?」

「私も手元に夢中になってたから・・・。」

首を横に振る。

「あっ!」

ポイを水に浸けていたままだった。

浅野のも破れていた。

とりあえず僕がすくった一匹を袋に入れてもらう。

「お連れさんなら、あっちへ行ったよ。」

 

「待って!」

露店のおじさんが指差す方へ行こうとしたら

腕を掴まれ、引っ張られた。

「あっ・・・、ごめんなさい・・・。」

「いや、大丈夫・・・。」

「・・・下手に捜しまわるより待っていた方が良いと思う。」

「そっか・・・。」

あたりを見回してみる。

割とすぐそばに空いているベンチがあった。

「何か飲み物買ってくるから座っていて。炭酸大丈夫?」

「うん。ありがとう。」

 

露店に向かいながら思いだした。

《モテる、モテないの前に鈍感を直さないとねぇ。》

美由紀姉の言葉。

「鈍感で悪かったな、鈍感で。」

この状況、自惚れじゃないならおそらく・・・。

平静を装い浅野の前へ。

 

「はい、おまたせ。」

「ありがとう。これって何?」

「ラムネだけど?」

「私、ラムネって飲んだ事ない。」

「えっ、ホント?」

「うん。」

「へ~、飲む時気をつけなよ。」

「えっ?あれ?出てこない。」

「(笑)ビー玉をさ、こうやって飲み口に転がってこないように飲む。」

「あ~、ホントだ。(笑)」

僕もだけど、二人きりにされてから固かった

浅野の表情が緩んだ。

だからと言って二人の緊張感が消えた訳じゃない。

ベンチでの二人の微妙な距離が、それを物語っていた。

 

「ねぇ、長野君。ひとつ聞いてもいい?」

「へっ?」

声が裏返ってしまった。

「さっき先輩の家で、何で泣いてたの?」

「え~と・・・、美由、近野先輩と従姉どうしなのは知ってる・・・、よね?」

「うん。」

「家が近所だったって事も?」

「うん。知ってる。」

美由紀姉、なんでも話してんだなぁ。

「親が共働きだったから、夕飯とかよくご馳走になってたりしてたからさ、

なんかその頃を思い出してたら、知らぬ間に涙が出た・・・、らしい。」

「そうなんだ。」

「何かみっともないよな、それくらいでさ。」

「そんなことないよ。」

「えっ?」

「みっともないなんて思わないよ。」

 

 

続く...

|

« 台風被害は大丈夫? | トップページ | 朝晩冷えるね〜 »

コメント

ラムネも良いけどこういう時はやはり生ビールがおいしいですよね・・・。happy02

ふむふむ、なるほど・・・と言う展開になってきましたね・・・。lovely

投稿: 昔のはーちゃん | 2011年9月16日 (金) 10時53分

昔のはーちゃん

>ラムネも良いけどこういう時はやはり生ビールがおいしいですよね・・・。

あれっ?高校生じゃなかったけ?( ̄▽ ̄)

投稿: のあ | 2011年9月18日 (日) 18時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/121724/41723883

この記事へのトラックバック一覧です: 絹の贅沢:

« 台風被害は大丈夫? | トップページ | 朝晩冷えるね〜 »