« まだまだ5月篇 | トップページ | 携帯もなければインターネットもない時代 »

2011年10月30日 (日)

第ニ章へ

『彼女の誕生日』
 volume 15 初めて

 

そこにいたのは

「水谷!」

「よっ。おはよう。」

「よっ、じゃねーよ。なんだよ?」

「なんだよ、は御挨拶だな。こんなとこで何してんだよ?」

「別に、何だっていいじゃんかよ。」

「あっ、そう。それは良いけど今日日直じゃなかったけ?」

 

げっ。そうだった。日誌取りに行かないと。

「サンキュー。一応礼は言っとく。」

「あっ、一応ね・・・。」

こればっかりはしょうがない。

浅野の事は後回しにして職員室に行く。

 

「失礼しま~す。」

挨拶をして職員室を出ようとして

扉を引くと女生徒に出くわした。

「浅野?」

浅野がちょうど通りかかったのだった。

「お、おはよう。」

よかった、いいタイミングで会えた。

あたりに人はいないし。

「おはよう。あのさ、これ・・・。」

小さく畳んだメモを渡す。

「じゃあ。」

「う、うん。」

浅野は職員室に入っていった。

たまには良い事(?)をしてくれる。

水谷に心の中で感謝した。

 

「あれっ?何でいるの?」

しまった、びっくりして間抜けた声になってしまった。

手渡したメモの通り、部活のあとに

待ってもらっていた教室に行った。

扉を開けると、浅野の他にもう一人いた。

遠藤京子だ。

「じゃぁね、長野君。邪魔者は消えますから。」

遠藤はそう言いながら出て行った。

 

浅野とふたりきりになると改めて緊張する。

机を一つはさんで向き合う。

「あのさ・・・」

「ごめんなさい、先に話していい?」

僕の言葉を遮って浅野が話しだした。

「わ、私、あの時気持ちしか言ってなくて肝心な事言ってなかったの・・・。」

「肝心な事?」

「うん。改めて言うね。・・・、好きです。付き合ってください。」

ぺこっと頭を下げる。

「ごめん。」

浅野の肩がぴくっと震えた。

「俺、浅野の事何も知らなくて。一年の時から見ててくれてたんだ。

・・・でも、それでも知らない事がいっぱいあると思う。

それに何より俺が浅野の事知って行きたい。」

「えっ?」

浅野が顔を上げて僕を見る。

「この間も美由紀姉にも言われたけど鈍感だし、

付き合っていくうちに困らせたり、泣かせたりするかも

知れないけど、それでも良いなら・・・。」

「・・・それでも良いなら?」

「いいよ、浅野。付き合っても。こちらこそよろしくお願いします。」

顔を上げると浅野が両手で顔を覆って僕を見ていた。

両眼からは涙が・・・。

小さい頃から女の子の涙は幾度も見て来た。

だけど、こんなにもいとおしく思える涙が

あることを今日初めて知った。

 

 

続く...

|

« まだまだ5月篇 | トップページ | 携帯もなければインターネットもない時代 »

コメント

こういう純情な女の子は大好きです・・・。lovely

まるで、まさみちゃんやはるかちゃんや多部ちゃんやガッキーや恵梨香ちゃんやりなちゃんや咲ちゃんや美鈴ちゃんや佐江ちゃんやありさちゃんや美織ちゃんや文乃ちゃんのようですね・・・。happy02

投稿: 昔のはーちゃん | 2011年11月 1日 (火) 11時38分

昔のはーちゃん

多部ちゃんが加わったのは知っていたけど、知らない間に増えてるし・・・

投稿: のあ | 2011年11月 6日 (日) 14時38分

>はーちゃんへ
ガッキーとりなちゃんはやめてね!凸(`Д´メ)

投稿: シロクマ | 2011年11月 6日 (日) 23時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/121724/42750973

この記事へのトラックバック一覧です: 第ニ章へ:

« まだまだ5月篇 | トップページ | 携帯もなければインターネットもない時代 »