« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月の記事

2011年12月24日 (土)

恵子のクリスマスイヴ

『彼女の誕生日』
 volume 19 クリスマスイヴなのに・・・

 

一年生の時から好きだった彼に告白。

付き合うようになってから七ヶ月。

今年のクリスマスイヴは二人で・・・なんて

期待していたのに・・・。

それなら、私ん家に泊まりに来る?と京子が言った。

 

「誰も居ないね~。」

帰り道、京子がテニスコートを横目で見ながら言った。

「今日部活休みだもん。」

「イヴは駄目でも、クリスマスは?」

「明日もだって・・・。」

イヴに間に合う様に一生懸命編んだマフラーもいつ渡そうか・・・。

京子が肩をポンポンと叩く。

「今日は二人で朝まで騒ぐかぁ、ね!」

「でも明日も学校だよ。」

「せっかく寂しい恵子の為に盛り上げてやってるのに~。まぁ私もだけど・・・。」

「あっ、ごめん、ごめん。ありがとね。」

 

「あれっ?どこ行くの?」

通学路から外れ、横道に入って行く。

「へへっ、いい喫茶店見つけたんだ。」

通学路沿いに喫茶店が二軒、駄菓子屋が一軒ある。

駄菓子屋なんかはウチの男子の溜り場になっているし、

私も喫茶店に長野君と入ったこともある。

でも、こっちの方は滅多に歩く事もないから

喫茶店があるなんて気付かなかった。

木のドアを開けると、カランカランとウェルカムベルの音。

イブと言う事もあり、店内にはツリーがある。

カウンター席とテーブル席が五つで、木の温もりを感じる店内の造り。

「あっ、この曲聴いた事ある。」

店内に流れているジャズは、ジャズ好きな父さんの影響で

幼いころから子守唄のように耳にしていたし

絶妙なボリュームで心地よく感じる。

店の一番奥のテーブル席に座って二人ともホットを頼む。

 

「ねっ!いい感じの店でしょ。恵子なら気に入ると思ったけど。」

気に入ったよ。だから「長野君と来たかったなぁ。」なんて

思わず声にしてしまう。

「私で悪かったね。」

「いや、そういう意味じゃなくてね・・・。」

「じゃ、どう言う意味よ?」

「もう~。分かっているくせに~。」

「はいはい。ごちそうさま。」

でも何だろう?クリスマスイヴに用事って。

「違う子と会ってたりして。」

「・・・。」

「あっ、ごめん、ごめん。笑えないよね。」

そう、笑えない冗談だ。

私は結構ヤキモチ焼きなんだと、彼と付き合いだして気付いた。

付き合う様になって一緒にいればいるほど

傍に感じれば感じるほど、それは強くなった気がする。

「アイツはお人好しでおまけに情に流されやすいから、ちゃんと捕まえてないと何処かに行ってしまうぞ。」

修学旅行で水谷君に言われた言葉。

帰りに私から初めて手を繋いだのも、そのせいかも知れない。

でも、やっぱりきっかけは私のヤキモチからだ。

だって、あの時・・・。

 

「もしかしたらバイトなんかで忙しいのかも?イヴだし。」

そんなモヤモヤした気分の私に追い討ちをかける京子。

「えっ?バイトって?なんでイヴになの?」

「何でって、ほら。」

京子が私の後ろを指差す。

「え~、何で?」

振り向いた私の後ろに立っていたのは、

エプロンをして私達の頼んだホットを持った長野君だった。

「さて邪魔者は先に帰ろうかなっと。」

カバンを持って立ち上がった京子。

「じゃ、また後で報告してね。ちゃんと帰ってくるんだよ。」

私の横を抜ける時ボソっと耳打ちした言葉に赤面する私。

 

「驚いた?実は・・・。」

まだびっくり顔をしている私に説明を始める彼。

マスターが部活の先輩の知り合いで、アルバイトは夏休みに入ってから。

それから平日部活の無い日と土曜日にアルバイトしていたとの事。

「言ってくれればいいのに〜。」

返事の代わりに「ちょっと待って」と言って

カウンターの向こうへ入って行く。

「ほら、ミートスパゲッティ。好きだろ?」

戻ってきた彼がテーブルの上に載せる。

そしてもう一つ私の好きなオレンジジュースが。

「ねぇ、これってもしかして・・・?」

「そう。俺が作ったの。ミートソースも手作り。」

「美味しい。」

彼は今日はもう上がりだからとエプロンを外しながら

今日の為にバイトのことは内緒にしておいたと

言って照れ笑いした。

 

ホワイトクリスマスにはならなかったけど、外は風が冷たい。

でも繋いだ私の右手は暖かった。

そして彼がくれたシルバークロスネックレスと

マフラーを巻いてあげた時の彼の照れ臭そうな笑顔が

私の心も暖かくしてくれている。

時刻表を見ると、次のバスは5分後だった。

もうちょっと一緒にいたいなぁ。

「ねぇ、あの店気に入っちゃった。また行ってもいい?」

「いいよ。そう言えば美由紀姉も気に入ったって言ってたっけ。」

「えっ?近野先輩もあの店知っているの?」

「うん。この間来た時にさぁ、〜〜」

 

ああ、まただ。

楽しそうに話す彼を見る度に私の心は曇る。

私達の仲を取り持ってくれた人だし

従姉だっていうのも分かっている。

でも、彼の口からその名前が出ると胸が痛くなる。

ねぇ、何でそんなに楽しそうに話すの?

私の事を誰かに話す時にもそんな顔をしてくれてるの?

気付いたら私はマフラーを掴んで彼と唇を重ねていた。

そのまま何も言わずに、ちょうど来たバスに

逃げる様に乗り込んだ。

 

 

続く...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月12日 (月)

もうすぐクリスマス

『彼女の誕生日』
 volume 18 手と手

 

つ、疲れた。

今日の日程は歩きが多すぎる。

修学旅行二泊三日の二日目、ホテルの部屋で荷物を降ろす。

和室で男子4・3で分かれ僕は三人の方。

「あ~。」

畳の上で大の字になったのも束の間

「おい、飯だから早く着替えなかんで。」

同じ部屋の伊藤に声をかけられ起き上がる。

 

“少しでも二人で一緒に歩けたらいいね。”

修学旅行出発日の朝、駅の集合場所で浅野に渡された手紙。

僕は修学旅行旅行委員で企画・旅行のしおり作成に携わっていた。

日程はもちろん、いろんな注意事項も知っている。

二年生を半分に分け、一日ずらして出発。

旅行中は班行動、男子クラスは男子だけで一班。

修学旅行旅行委員長で当然のごとく班長にされた僕が

単独行動が出来る訳もなく・・・。

一日目で二人で話せたのは夕食後から消灯時間までの

ほんのちょっとの間だった。

人数が多い女子は大浴場の入浴時間の順番が

決められているため時間を合わせるのが難しかったからだ。

 

夕食後、早めに大浴場に行く。

たしか昨日と時間配分が変わらないはずだから

また同じ時間ぐらいか・・・、と思い、一階で土産物を物色していたら

「長野君、ちょっといい?」

後ろから女子に声を掛けられた。

振り返ると同じクラスの鬼頭と小塚だった。

「え~と~、何?」

歯切れの悪い返事には訳がある。

二人は篠田の友達だ・・・。

「水谷君どこにいるか知らない?」

「いや、部屋が違うから分かんないけど、部屋にいないの?」

「さっき訪ねたけどいなかった。」

「あのさ、もしかして篠田・・・?」

「そうなの。出来たら探してくれない?」

またかよ、と思ったけど

二人は手を合わせて頼んでくるので

無下に断れなくなってしまった。

その場を離れて階段を昇りつつ考えた。

何でいつも僕に頼んでくるのだろう?

何で僕は探しに行くんだろう?

 

とりあえず僕の隣の水谷の部屋に行ってみたが、やっぱり居なかった。

同室の連中に聞いてみたが知らないと言う。

そりゃ、そうだ。知っていれば鬼頭と小塚がもう見つけている。

他のクラスの男子部屋に行ってみる。

一応ノックをしてみたが返事が無い。

「入るぞ~」

鍵が開いていたので、入って襖を開けて驚いた。

三組のカップルが、それぞれ壁にもたれ話をしていた。

「失礼!」

慌てて部屋を出た。

どうでも良いけど、これって気にならないのか?

場所選べよ、と思ったけど大きなお世話なんだろうなぁ。

 

それぞれいろんな所で出来ている数人の塊を

横目で見ながら探し歩いてどのくらい経っただろうか

そんな塊の中にようやく水谷を見つけた。

「やっと見つけた。」

「よっ!どうした?」

「どうしたも何も篠田が泣いてるって!」

息を切らし気味の僕に呑気に声を掛けた

水谷にカチンときた僕は声を荒げてしまった。

「いいじゃん。ほっとけよ、俺たちのことは。」

「いいじゃんって・・・。」

「どうせ頼まれてきたんだろうけど、関係ないんだからさ。」

「ああ、そうだよ。だからと言って・・・。」

僕の言葉を遮るように手のひらを僕に突き出した水谷は

「ほんと、お人好しだよなぁ。おまえ、そんなんじゃ今に泣きを見るぞ。」

と言って向こうに歩き出した。

「おい、水谷!どこに行くんだよ?!」

「部屋に帰るんだよ。それに俺たちの事より浅野は放っといていいのかぁ?もうすぐ消灯だぞ。」

言われて慌てて腕時計を見た。

ヤバい、もう10分もないじゃないか。v

走って行くと、人が疎らになった土産売場の入口に浅野が立っていた。

「遅〜い!」

「待たせてごめん!実は・・・。」

平謝りをして事情を説明する僕を許してくれたが

また明日ね、と部屋の前で手を振った浅野の顔は

笑ってはいたけど、すごく寂しげだった。

 

帰りの新幹線の中は寝ているのも多く、行きに比べて静かなものだった。

三日目、新幹線に乗る前までに少し浅野と二人で歩く事が出来た。

昨日と違って楽しそうに歩く浅野の横顔を見て僕は少しほっとした。

「~家に帰るまでが旅行です。気を付けて帰る様に。じゃ、解散。」

先生の挨拶が終わると、みんなそれぞれの方向へ帰っていく。

「じゃ、俺たちも帰るか。」

「うん。」

二人並んで歩き出したが

「あっ、そうだ。」

急に手を引っ張り別方向へ歩き出す。

「えっ、何?」

「何かお腹すいちゃった。何か食べて行かない?」

「ああ、いいけど。」

そのまま手を繋いで歩く。

何か照れ臭くて前を見たままだった。

そりゃそうだ。

浅野と手を繋いで歩くのは今日が初めてだったから・・・。

 

 

続く...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »