« ご報告。 | トップページ | 恵子のクリスマスイヴ »

2011年12月12日 (月)

もうすぐクリスマス

『彼女の誕生日』
 volume 18 手と手

 

つ、疲れた。

今日の日程は歩きが多すぎる。

修学旅行二泊三日の二日目、ホテルの部屋で荷物を降ろす。

和室で男子4・3で分かれ僕は三人の方。

「あ~。」

畳の上で大の字になったのも束の間

「おい、飯だから早く着替えなかんで。」

同じ部屋の伊藤に声をかけられ起き上がる。

 

“少しでも二人で一緒に歩けたらいいね。”

修学旅行出発日の朝、駅の集合場所で浅野に渡された手紙。

僕は修学旅行旅行委員で企画・旅行のしおり作成に携わっていた。

日程はもちろん、いろんな注意事項も知っている。

二年生を半分に分け、一日ずらして出発。

旅行中は班行動、男子クラスは男子だけで一班。

修学旅行旅行委員長で当然のごとく班長にされた僕が

単独行動が出来る訳もなく・・・。

一日目で二人で話せたのは夕食後から消灯時間までの

ほんのちょっとの間だった。

人数が多い女子は大浴場の入浴時間の順番が

決められているため時間を合わせるのが難しかったからだ。

 

夕食後、早めに大浴場に行く。

たしか昨日と時間配分が変わらないはずだから

また同じ時間ぐらいか・・・、と思い、一階で土産物を物色していたら

「長野君、ちょっといい?」

後ろから女子に声を掛けられた。

振り返ると同じクラスの鬼頭と小塚だった。

「え~と~、何?」

歯切れの悪い返事には訳がある。

二人は篠田の友達だ・・・。

「水谷君どこにいるか知らない?」

「いや、部屋が違うから分かんないけど、部屋にいないの?」

「さっき訪ねたけどいなかった。」

「あのさ、もしかして篠田・・・?」

「そうなの。出来たら探してくれない?」

またかよ、と思ったけど

二人は手を合わせて頼んでくるので

無下に断れなくなってしまった。

その場を離れて階段を昇りつつ考えた。

何でいつも僕に頼んでくるのだろう?

何で僕は探しに行くんだろう?

 

とりあえず僕の隣の水谷の部屋に行ってみたが、やっぱり居なかった。

同室の連中に聞いてみたが知らないと言う。

そりゃ、そうだ。知っていれば鬼頭と小塚がもう見つけている。

他のクラスの男子部屋に行ってみる。

一応ノックをしてみたが返事が無い。

「入るぞ~」

鍵が開いていたので、入って襖を開けて驚いた。

三組のカップルが、それぞれ壁にもたれ話をしていた。

「失礼!」

慌てて部屋を出た。

どうでも良いけど、これって気にならないのか?

場所選べよ、と思ったけど大きなお世話なんだろうなぁ。

 

それぞれいろんな所で出来ている数人の塊を

横目で見ながら探し歩いてどのくらい経っただろうか

そんな塊の中にようやく水谷を見つけた。

「やっと見つけた。」

「よっ!どうした?」

「どうしたも何も篠田が泣いてるって!」

息を切らし気味の僕に呑気に声を掛けた

水谷にカチンときた僕は声を荒げてしまった。

「いいじゃん。ほっとけよ、俺たちのことは。」

「いいじゃんって・・・。」

「どうせ頼まれてきたんだろうけど、関係ないんだからさ。」

「ああ、そうだよ。だからと言って・・・。」

僕の言葉を遮るように手のひらを僕に突き出した水谷は

「ほんと、お人好しだよなぁ。おまえ、そんなんじゃ今に泣きを見るぞ。」

と言って向こうに歩き出した。

「おい、水谷!どこに行くんだよ?!」

「部屋に帰るんだよ。それに俺たちの事より浅野は放っといていいのかぁ?もうすぐ消灯だぞ。」

言われて慌てて腕時計を見た。

ヤバい、もう10分もないじゃないか。v

走って行くと、人が疎らになった土産売場の入口に浅野が立っていた。

「遅〜い!」

「待たせてごめん!実は・・・。」

平謝りをして事情を説明する僕を許してくれたが

また明日ね、と部屋の前で手を振った浅野の顔は

笑ってはいたけど、すごく寂しげだった。

 

帰りの新幹線の中は寝ているのも多く、行きに比べて静かなものだった。

三日目、新幹線に乗る前までに少し浅野と二人で歩く事が出来た。

昨日と違って楽しそうに歩く浅野の横顔を見て僕は少しほっとした。

「~家に帰るまでが旅行です。気を付けて帰る様に。じゃ、解散。」

先生の挨拶が終わると、みんなそれぞれの方向へ帰っていく。

「じゃ、俺たちも帰るか。」

「うん。」

二人並んで歩き出したが

「あっ、そうだ。」

急に手を引っ張り別方向へ歩き出す。

「えっ、何?」

「何かお腹すいちゃった。何か食べて行かない?」

「ああ、いいけど。」

そのまま手を繋いで歩く。

何か照れ臭くて前を見たままだった。

そりゃそうだ。

浅野と手を繋いで歩くのは今日が初めてだったから・・・。

 

 

続く...

|

« ご報告。 | トップページ | 恵子のクリスマスイヴ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/121724/43345879

この記事へのトラックバック一覧です: もうすぐクリスマス:

« ご報告。 | トップページ | 恵子のクリスマスイヴ »