« あれから一年・・・ | トップページ

2012年3月24日 (土)

今年もつらい花粉症

『彼女の誕生日』
 volume 24 不安

 

目に溜まっていた涙が零れ落ちる。

「付いて来ないで!」

その泣き顔と声に気圧されて僕は動けなかった。

振り返って歩き出したかと思うとすぐに走り出して

左手を顔に当てて体育館の角を曲がって行く。

こんな時僕はどうすればいいんだろう・・・。

情けないことに僕はその場に暫く立ち尽していた。

 

そうだっ!美由紀姉は?

我に返った僕は美由紀姉を捜しに走った。

美由紀姉が僕を好きだって?

そんなこと、そんなことは・・・。

やっぱり浅野は誤解してるんだ。

ちゃんと話してもらわないと。

校門を出たところで見渡してみたが姿が見えない。

もうバスに乗ってしまったのだろうか?

 

大通りに出た所で反対車線のバス停を見る。

「いたっ!」

数人の列の中に美由紀姉がいた。

「美由紀姉!」

美由紀姉は僕に気付くと列を離れて走り出した。

えっ?何で逃げるんだ?

近くの信号は赤、車線を横切って追おうかと思ったが

車線が広く車も多いので流石に無理だ。

「早く信号変われよ!」

信号が変わると同時に美由紀姉を追う。

大通りから角を曲がって路地に入って行く。

いったいどこまで走って行くんだ?

「美由紀姉、待てってば!」

四つ角で美由紀姉が一瞬ほんの少しだけ後ろを見て

また走り出した時だった。

 

美由紀姉の体が宙に舞った。

それはまるでスローモーションを見ているようだった。

映像だけが見えていて音が遮断された世界がそこにあった。

ゆっくりと美由紀姉の体が横向きに地面に落ちた時

全てが現実に戻った。

「美由紀姉!美由紀姉!」

出会い頭にバイクに跳ねられた美由紀姉はそのまま動かなかった・・・。

救急車に同乗した僕は搬送された病院から美由紀姉の家と

僕の家に事故の事を電話で話した。

程なく病院に来た皆に事情を説明した。

あの時僕が追わなければと頭を抱え嘆く僕の肩にそっと手を置き

「大丈夫。きっと大丈夫だから。」

と伯父は言ってくれた。

でも・・・

廊下のソファに座りまんじりともせず朝を迎えたが

美由紀姉の意識は戻らなかった。

 

まさか、このままなんて事はないよな。

“ちぇ、やっぱりばれたか~。”

“あっ、でもそれ今年も一応手作りだから心して食べるように。”

あれが最後なんて事ないよな。

病院のトイレの鏡に写った自分の顔に美由紀姉の笑顔を重ねる。

実はさっき吐いてしまっていた。

恐らく寝てないのと極度の緊張のせいからだろう。

何も食べてないぶん胃液しか出なかったのでかなり苦しい。

ふらつきながら戻ろうとした時だった。

「長野君!」

公衆電話の横の所で遠藤に会った・・・。


 


 


続く...

|

« あれから一年・・・ | トップページ

コメント

本当に好き合っている者は絶対に一緒にならないといけない、とわたしは思っています・・・。coldsweats02

そのために神様もきっと力を貸してくれるはずです・・・。lovelyscissors

投稿: はーちゃん | 2012年3月28日 (水) 11時35分

はーちゃん

さて、どうなんでしょう?

投稿: のあ | 2012年4月12日 (木) 01時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/121724/44619887

この記事へのトラックバック一覧です: 今年もつらい花粉症:

« あれから一年・・・ | トップページ